>>お問い合わせ

新世代老人たちのくつろぎの場所 高級有料老人ホーム

急激な老年人口の増加で我が国でもシルバー産業が順次活性化しているなかで最近になって老人たちのくつろぎの場所の有料老人ホーム通称、‘シルバータウン’が進化を繰り返している。変わった老年層のライフ スタイルに合わせて以前の休養とホテル式サービスの他に中身を結合させた新概念のシルバータウンが次から次へリリースしている。このような有料老人ホームの進化は老年層の世代交替とかみ合っているというのが専門家たちの分析だ。 すなわち、前は引退後、有料老人ホームで生きながら余生を楽しむという側面が強かったために遠く離れた休養施設とホテル式サービスが彼らの主な関心事であった。
だが最近有料老人ホームの主な顧客は老年層中でもいわゆる新世代老人たちである。これらは引退後長くなった人生を財政的に難しくなく生きるということにまず目標を置き、したがって費用支出が多いホテル式サービスよりも‘内容がある’ 有料老人ホームを優先視する。老人たちの平均寿命が増える反面引退年齢は前倒しになって引退後生活期間が以前より10年頃増えているから費用支出に非常に敏感である。今後有料老人ホームの成功の可否はこれら新世代老年層の社会・経済的特性と現実をどれくらい正確に反映して満足を与えるのかにかかってくるだろう。
新概念の有料老人ホーム次から次へ登場している。この頃新世代老人たちは体裁のために大きい坪数を探したり豪華な有料老人ホームを探しりしない。たとえ老後対応資金が充分だったとしても必ず必要だと判断したのではなければ財布を閉ざすことがこの頃新世代老人たちの特徴だ。
またこれら新世代老人たちは時には若者たちとも会って暮らしの楽しみを共に分けたがる。 ここに新世代老人たちは若年層と文化的共感を成し遂げて堂々とした社会の一員で生きることを望んでいる。年を取っても天性の才能を堂々と誇示しようと思う個性が強い世代だ。合わせて施設, 環境や経済的な条件が自身に合う所でも投資した以上に期待できる所を好む。 財テクに敏感だということだ。このような新世代老人層を狙った新概念の有料老人ホームが次々と分譲されているのだ。

ある高級老人ホームは老年層に必ず必要な施設とサービスを提供しながらも財産の価値を持ったシルバー専用高級マンションであり、貸し切り・贈与・相続はもちろん逆モーゲージでは相談も可能だ。
また人生の活力をあたえる多様な文化空間が準備されているところもある。共有部分には車椅子に座ったまま映画や音楽,演劇公演を安らかに楽しむことができる老人専用文化空間がある。特に看病人のための別途の専用住居が用意されている。また交通機関をとっても、投資的な考えからは価値のたかい場所に建設されている。
民間業者だけでなく地方自治体らも有料老人ホーム建設を活発に推進している。驚いた事に18〜27ホールゴルフ場(36万坪)に囲まれたリゾートマンション型の有料老人ホームも建設されるという。この有料老人ホームにももちろん老人専門病院も入る。
どのように選択するか?先に交通面を見る。交通が便利で都心と近いところにあってこそ各種文化生活を楽しむことができて、友人・家族ともしばしば会える。有料老人ホームと都心の距離、地下鉄やバスの利用などをチェックする。まだ仕事をする老年層や定年後にも社会活動が活発な彼らには都心型有料老人ホームが適している。
まずは分譲にするかまたは賃貸にするかを選択する。引き払う時まで保証金+施設運営金の先払いをして入居する長期賃貸方式なのか?または分譲、有料老人ホーム内1世帯を所有する分譲方式にするか?どちらが自身に適しているか確かめてみる。

長期賃貸は退去時保証金は返済するが保証金と別に出す施設運営先納金は居住研修により毎年一定額を償却して残り金額を戻す。

分譲型は分譲を受けて所有権移転登記ができて、売買差益を得ることもできる。希望ならば他人に賃貸も可能だ。医療・余暇施設などを几帳面に問い詰める。入居の後一生健康管理のためには医療施設が取りそろえられていたり連係病院がある所が良い。60才以上になれば、老人性疾患と成人病の粘り強い管理が必要なためだ。経済力と健康を考慮しなければならない。 高級施設とサービスを前面に出すシルバータウンであるほど価格もそれだけ高い。 普通2千万〜5千万円程度の大金を出して毎月1人当り7万〜15万円の生活費が必要である。最後に運営主体が堅実なのかを見回す。高い保証金を出したが運営業者が不十分ならば保証金を取られる事もでき契約条件と違いサービスが不便なこともある。

有料老人ホーム施設は大部分民間で建設して運営している。老人福祉法相公式名称は有料老人ホーム福祉住宅。したがって普通シルバータウンといえばこれら福祉住宅を指し示す。位置づけにより都心型,都心近郊型,電源型に分かれる。今後有料老人ホームの選好度および供給傾向は‘都心型-都心近郊型-電源型’へ推移していくことになるだろう。

おすすめWEBサイト 5選

オリジナルのポロシャツ
http://www.wedia-t.com/products/list.php?category_id=8

最終更新日:2016/5/11

Copyright (C) 2008 高級な生活 老後. All Rights Reserved.