>>お問い合わせ

有料老人ホームの現状

有料老人ホームの種類には@特別良好老人ホームA有料老人ホームB介護老人保健施設などがある。ある老人保健施設の‘ OSセンター’は160あって,入所100,デーサービス60ある。ここではリハビリ訓練が中心になって入所は60日間だけだ。
有料老人ホームは高額の保証金の他に月14万〜23万円の費用を必要とするから、裕福で軽症の利用者が多い。一方こことともに20〜30年前から設立された別の有料老人ホーム報奨金もなくて、月額6万円前後,生活保護受給者は無料と低費用での入所が可能だ。最近都市では有料老人ホームの増設によって以前と比較して入所論説委員が減少している。 療養看護4〜5等級の老齢者をまず入所させているという。 しかし当時説の入所論説委員は若干名だ。 ここにあげた2ヶ所の有料老人ホーム施設では看護師の夜間勤務がなくて、介護にしても施設は看護師が11人もいて、夜間勤務も行われている。 しかしこの施設での入所論説委員は最近減少しているという。
この有料老人ホームに入所している老齢者が注目している方々をここに扱った。三人は家族からの依頼である有料老人ホーム受容されていて昏睡状態が継続されている。男性1人と女性1人は道路に倒れているのを交通警官が捜し出してここに移して持ってきた。2人は全部記憶喪失,重症の痴呆に震えて入っていて現住所や家族の名前、以前の病院名なども考え出すことができなくなっている。


多くの老齢者などはあたかもこの世とあの世の境界で車椅子に座って、どちら側を渡ろうかと思ってさ迷っている姿だ。そうしても生命力は強靭でまだ生き残っている方もある。4名が入っている部屋室で時々奇声をあげたり、一日中声を出してずっと話す女性もいる。昼間運動のために椅子にチュァなどさせれば一つの手を高く聞いて前方を凝視する2人の老人がいる。 胃液と痰を終日吐いたり、自身が持ってきたテレビを見て一日中テレビをつけている。 その中には医師や看護師の診察を拒否してぶつぶつ言ったり、不満を吐露したり、からだが衰弱した入所者もある。 この患者は薬を服用しようとしてもしなくて、全てのものを非難して疑心し、同僚に向かって攻撃を行おうとする。 または昏睡状態で目をとじて刺激を現わさない患者もいる。 また診察する医師の手を引っ張って捉えてかもうとする高齢の女性老人もいる。 この方は看護師の顔に唾を吐いたり足蹴りをしたりもする。 他の人の部屋に入って衣装だんすを開いて執拗にそこの服を敬遠して出そうとする。 人が近く近付けばにこにこ微笑を浮かべるが、自身の年齢も分からない老齢者もある。
横顔で目を大きく開いたまま静かに凝視して意識を失ったまま吸引性肺炎を繰り返す肥満女性もいる。この方はこの施設で重症者のひとりで、病院の入・退院を繰り返して現在の入院中だ。半身不随の男性は昼間時間に食堂の椅子に座れば誰とも話すことなしで毎日一人でその場所を守っている。
入所者中、中〜高度な痴呆老人は約70%に達する。この施設でも人的資源の不足で、食事以外に十分なリハビリ訓練は受けることができなくなっている。看護室で24時間以内に死亡すると予測される老人でも適切な介護によって椅子に座るようにして食事を食べさせることさえする。人間の生命力の強さを感じさせる。

Valuable information

Last update:2016/7/21

Copyright (C) 2008 高級な生活 老後. All Rights Reserved.